九州大学情報統括本部

m2b_logo
プログラミング学習サーバー「ps」
最終更新日 2022年9月2日
サービス概要
プログラミング教育のためのLinuxサーバです。
Webベースとコマンドラインの両方の環境を提供します。
前者は、学習支援システム「M2B」の九州大学Moodleにログインすることでアクセス可能になります(LTI)。
後者は、端末ソフトやファイル転送ソフトを使用してsshでログインします。

スペックは次の通りです。
論理CPUコア数 32,メモリ 256GB,ストレージ 2TB
FQDNは ps.s.kyushu-u.ac.jp です。
主なソフトウェア
OS : Amazon Linux 2(x86_64)

インストールされている主なパッケージ等は次の通りです。
  • emacs
  • g++,gcc,gfortran
  • ghostscript,gv
  • gnuplot
  • OpenSSH
  • TeX Live 2020
  • dvipdfmx,ps2pdf
  • evince
  • JupyterHub
利用制限
  1. 本学構成員でなくなった後、ホームディレクトリは消去されます。日頃から必要なファイルは個人保有PC等にバックアップするようにしてください。
  2. ネットワーク接続の制限
    通信データが暗号化されず平文でネットワーク上を流れる通信は禁止していますので、telnet、ftp、httpでの接続はできません。接続する際は、次のようにしてください。
    • ログインして利用する
      sshに対応した端末ソフト(WindowsではTera TermやPuTTY等)を使用してください。
    • ファイルを転送する
      scpやsftpに対応したファイル転送ソフト(WindowsではWinSCP等)を使用してください。
  3. ログイン後は通信先に関わらず、一切の通信ができません。これはsshによりログインした場合も、JupyterHubにLTIによりログインした場合も、同様に制約を受けます。