テレビ会議・遠隔講義支援サービス

九州大学情報統括本部では、学内(特にキャンパス間)や、学内と学外を接続する遠隔講義やテレビ会議の実施を支援するために、多地点接続装置(MCU)を運用しています。


 1.多地点接続装置(MCU)とは

 ビデオ会議装置による通信は、通常は自拠点の装置と相手側の装置との一対一で行われますが、多地点接続装置(MCU:Multipoint Control Unit)を介することによって、自拠点を含む3箇所以上と相互通信が可能になります。

 MCUは、ビデオ会議装置用の「会議室」を提供します。「会議室」には、部屋番号に相当する会議IDと、部屋の鍵に相当する会議パスワードが設定されています。ビデオ会議装置をMCUに接続すると、音声で案内があります。案内の終了後、「会議室」を指定するために、ビデオ会議装置からMCUに会議IDを送信します。続いて、ビデオ会議装置からMCUに会議パスワードを送信すると、指定した「会議室」への入室が完了します。この接続・入室の操作を、遠隔講義・テレビ会議に参加する各拠点のビデオ会議装置で行うと、各拠点が「会議室」に集合した状態になります。「会議室」に集まった各拠点は、相互に映像・音声のやりとりができますので、離れた場所からの講義・会議への参加が実現します。接続・入室の操作を行うために、各拠点のビデオ会議装置操作担当者は、MCUのIPアドレス、会議ID、会議パスワードの3つを事前に把握しておく必要があります。

 情報統括本部が運用するMCUは、学内の3箇所以上を接続、または学内と学外あわせて3箇所以上を接続する遠隔講義やテレビ会議にご利用いただけます。

 MCUを利用した遠隔講義・テレビ会議の実施を予定されている場合は、必ず教育情報サービス受付 uketsuke@ecs.kyushu-u.ac.jp に実施日の3日前(休日を除く)までに申請願います。特に、講義等で利用される場合には、担当部署で取りまとめの上、申請いただきますようお願いいたします。
ここをクリックすると申請メールのテンプレートが表示されます(学内限定)ので、申請の際はこれをメール本文にコピー&ペーストで貼り付け、各項目を入力の上、送信願います。
 MCUには、ビデオ会議装置の同時接続数に上限があります。教育情報サービス受付では、申請いただいた遠隔講義・テレビ会議の実施日時に同時接続数が不足しないことを確認の上、MCUに「会議室」を作製し、その「会議室」を利用するための情報を返信いたします。同時接続数が不足する場合は、実施日時を調整させていただきます。



 2. ビデオ会議装置について

 遠隔講義・テレビ会議を実施する場合に使用するビデオ会議装置は、相手側となるビデオ会議装置やMCUと同じ通信プロトコルをサポートしている必要があります。一般的なビデオ会議装置やMCUは、H.323という通信プロトコルを使用します。

 H.323をサポートした部局保有のビデオ会議装置(以下、"遠隔講義・会議装置"と呼ぶ)の設置場所と運用管理担当は、次の表のとおりです(2019年4月現在)。

キャンパス 設置場所 【 講義室 】 運用管理担当 内線
伊都 センター2号館 3階 2307講義室 学務部 基幹教育課
基幹教育教務係
90-5941
総合学習プラザ 2階 207
オートモーティブサイエンス(AMS)講義室1
工学部等事務部
教務課 統合新領域係
90-3859
イースト1号館 4階 E1-B-427
UKS講義室(4)
工学部等事務部
教務課 統合新領域係
90-6501
病院 歯学部学生実習棟 4階 チュートリアル室4B-C 医系学部等事務部
学務課 歯学学生係
91-6262
総合研究棟 2階 205
セミナー室
医系学部等事務部
学務課 医学学生係
91-6021
筑紫 E棟 1階 101講義室 筑紫地区事務部
教務課 教務係
93-7517
大橋 5号館 2階 525講義室 芸術工学部事務部
学務課 教務係
95-4418

キャンパス 設置場所 【 会議室 】 運用管理担当 内線
伊都 椎木講堂 1階 大会議室 椎木講堂管理室 90-2160
椎木講堂 4階 小会議室2 総務部 総務課 秘書係 90-2111
病院 歯学臨床研究棟(医系管理棟) 1階 会議室1 医系学部等事務部
総務課 総務第一係
91-6248
筑紫 共通管理棟 3階 中会議室 筑紫地区事務部
庶務課 庶務係
93-7502
大橋 管理棟 4階 小会議室 芸術工学部事務部
総務課 庶務係
95-4409


【参考】操作手順について(学内限定)
 A.遠隔講義・会議装置からCisco社製MCUを利用する
 B.遠隔講義・会議装置からPolycom社製MCUを利用する
 C.遠隔講義・会議装置と一般的なビデオ会議装置を一対一接続する
 D.一般的なビデオ会議装置からMCUを利用する


 3.テレビ会議の解説とサンプル構成について

学内で遠隔講義・テレビ会議の実施を検討されている方のために、ビデオ会議装置の説明と、実際に講義や会議で使う際の機器構成のサンプル、予算の目安等を含む資料を作成しましたので、部局でビデオ会議装置を中心としたシステムの導入を検討する際に参考にしてください。
 また、この資料に記載されている内容・サンプル構成についてご質問がある場合は、教育情報サービス受付 uketsuke@ecs.kyushu-u.ac.jp にお問い合わせください。


 4.お問い合わせ

MCUのご利用、遠隔講義・テレビ会議や各キャンパスを結んだ説明会のご検討にあたってご質問・ご相談等ありましたら、教育情報サービス受付 uketsuke@ecs.kyushu-u.ac.jp にお問い合わせください。


 リンク


Last modified: 2019年4月24日