ダウンロード先の変更方法

Webブラウザからファイルをダウンロードする際の保存先について説明します。

【Safari の場合】
Safariでは、ファイルをダウンロードする際の保存先は「Downloads」フォルダになります。

何らかの理由でダウンロード先を変更したい場合は下記の手順で行ってください。
Finder_Downloads

  1. Safariを起動し、画面上部のメニューバー左側の「Safari」をクリックして、「環境設定」を選びます。
    MenuList_Safari_Config
  1. 「ダウンロードしたファイルの保存先」をDownloadsから別のフォルダに変更します。
    Windowt_Safari_Config

 

【Firefox の場合】
Firefoxでも、ファイルをダウンロードする際の保存先は「Downloads」なります。
保存先を変更・固定する手順は下記の通りです。

  1. Firefoxを起動し、画面上部のメニューバー左側の「Firefox」をクリックして、「環境設定」を選びます。
    WebDL_3
  1. 左上の「一般」のタブをクリックすると、「ダウンロード」内にダウンロード先の設定があります。「次のフォルダに保存する」のラジオボタンがONになっており、「ダウンロード」が選択されているはずなので、その右側の「選択」ボタンをクリックします。
    Windowt_Firefox_Config
  1. 「ダウンロードフォルダを選択」ウィンドウが表示されるので、ダウンロードファイルの保存先として指定したいフォルダを選択し、右下の「開く」ボタンをクリックします。
    Windowt_Firefox_Config2
  1. 元のウィンドウに戻り、「次のフォルダに保存する」の右が自分で指定したフォルダになっていることを確認して赤丸の「×」ボタンでウィンドウを閉じます。
    Windowt_Firefox_Config3

 

なお、Safari・Firefox共に下記の手順でファイルをダウンロードする際に保存先を選んでダウンロードすることも可能です。

  1. ファイルへのリンクの上で右クリックし、メニューから「リンク先のファイルを別名でダウンロード」もしくは、「別名でリンク先を保存」を選ぶ。
    【Safari】
    MenuList_Safari_FileSave
    【Firefox】
    MenuList_Firefox_FileSave
  1. 「名前:」の入力ボックス右側の三角マークをクリックする。
    (Safariの場合は、この手順はスキップして3.に進みます。)
    Window_Firefox_FileSave
  1. 右側のウィンドウで保存先フォルダを選択する。
    Window_Firefox_FileSave2